スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

5日のスーパームーン

大きかったですね。
5月5日のスーパームーン。


いつもより30%明るく、14%大きいのだそうです。
昨年も、3月19日にスーパームーンが見られたそうですが、
この現象が2年続けて起こるのは、とても珍しいのだとか。

確かに、明るかった!


夕焼け

 久々の更新は、空便りから。
東京の空はこんなです。


夕方の5時半頃の様子。
またまたカメラマンのRYOさんがおさえた1枚をちゃっかり拝借しました。

なんか、絵みたいですね。
少しずつ、ほんとうに少しずつ春めいてきた東京です。


誕生

昨日の3月8日、
甥夫婦に、無事、女の子が誕生しました。
ほんとうに、おめでとう。


その感動は、なんというか
気づいたらパッと華が開いていたようなまばゆさ、嬉しさです。

甥っこの子供ってなんて呼ぶんだろう?
ということで友人がさっそく調べてくれました。

「“甥の子供” らしいよ。」

……そのまんまかい!?

東北人としては、語尾に “○○っこ” をつけて呼びたい。
“甥っこ”の “子っこ” だから、“甥っこっこ” なんてどうだろう? 






梅香る

 
ようやく雨があがり、
東京は久々の快晴です。

近所の小さな公園では、梅が八分咲き。



近づいてみると、大きく立派な梅の木でした。


あ、メジロが来た!
真ん中よりちょっと左のところ。わかります?


オートではなかなかピントが合いません。
“マニュアルフォーカスへの切り替えはどれだっけ?” とモタモタ。
だいぶ長いことメジロは居留まってくれたのですが、
「まだですかあ? もういいですか? 飛びますよ」とでも言うように
「チー チー」と鳴いて飛んでいってしまいました。


長い間、メジロをウグイスだと思っていました。
“春告げ餅”、いえ、うぐいす餅の影響です。
うぐいす餅は、姿形をウグイスに似せて作った餅菓子。
でも、あのうぐいす粉(一般的には青大豆から作るきなこを指すそうです)の
黄緑といったら、ぱっと見、メジロのほうが近いよね!?

うぐいす餅に、桜餅。
盛岡の和菓子屋さんが恋しい季節です。










雪の日に

 東京は、またまた雪で白くなりました。
雪国の皆さんからみれば、あきれちゃうくらいの量ですが、
電車が止まったり遅れたり、人は転ぶしと、なにかとやっかいなのです。

また少し、春が遠のいたかに思えましたが、
ひっそりと、そして一歩ずつ春はやって来ていました。


鉢植えのムスカリが小さな花をつけました。
6年越しの球根なので、小さくシナシナになってもう駄目かな?
と思いつつ埋めておいたもの。
栄養不良ぎみですが、植物の力は偉大ですね。
そこだけパッと明るさに包まれました。

そういえば、神代植物公園
珍しい無憂樹・厶ユウジュが開花したそうです。
この樹はインド菩提樹、沙羅双樹と並ぶ仏教の三大聖樹のひとつ。
温室ができてから初めて、28年ぶりに花を咲かせたそうで、なんだか嬉しい出来事。
憂いの無い樹、厶ユウジュが、日本のあちこちに春を運んでくれるといいな。



ひとすじの陽光

 
東京は昨夜から激しい雨でした。
やがて雨は止み、昼過ぎには、うっすらと陽の光。


憂鬱だった室内に、ひとすじの陽光が差し込むと
なんだかほっとします。
かすかだけど、それは確かな明るさ、希望の光。
小さな虹を信じて、進もうよ。

また、春は来る。
形を変えても、また春は来るよ。



さぁ、また一歩

 
小さな子供でも、おとなでも、
一歩を踏み出すのはなかなかしんどい。


もう一歩、あと一歩、新たな一歩、さらなる一歩、
いろいろな一歩があるけれど
思いきって片足を前へ踏み出せば、それはわずかだけど確かな前進。

一歩ずつでもいいから、空を見上げて前へ進もう。






月を見上げて

 
9日は成人式、そしてその夜は満月でした。
満月はまた、『望・ぼう』とも呼ばれるそうです。
ことしになって初めての満月。ことし初めての “のぞみ”。


美しい。お月さまが輝いてます。
cameraman の Ryoさんがおさえたこの1枚、
みなさんにも見てほしいので、
ちょっと拝借してこちらのブログにもアップしました。

この日、日本各地で誕生した新成人のみなさん、おめでとうございます。
みなさんの所からも、満月が見えましたか?

いろいろなことがあったから
月を見上げる思いもさまざま。

でも、空を仰ぐと、ちょっと元気出るよね。


今日の虹

 
今日は、撮影のため、東京都日野市へ出かけました。
その途中、12:30頃でしょうか
またしても、美しい虹が現れました。


カメラマンのRyoさんが携帯でカシャッ。
すごく発光している虹です。
5月の連休に見た虹と同じく、横にたなびく瑞雲。

もしかして、太陽のまわりにも出ているかな?と見上げたら、


出ていました。今日も、日暈がくっきり。
私の携帯カメラはまったく役に立たず(あー、目が痛い)
これもちゃっかりRyoさんから拝借です。

日暈と瑞雲のダブルの出現。
美しい天空ショーに元気をもらい、
お仕事現場へと向かいます。

と、そこへ、Ayakoさんから届いたこの写真。


千葉の空にも、見えていたんですね!

お、太陽の左上の小さな輝きはナニ?
UFOとか?

UFOといえば、だいぶ前になりますが、
テレビに矢追さんが出ていました。
昔の矢追さんのUFO特番、面白かったなあ。。。




福島のあだたらラーメン

 
東北自動車道 ロードレポート2

4月30日の東北自動車道は、スイスイと、空いていました。
お昼ごはんを食べようと寄った『安達太良SA』も、
ゴールデンウィークにしては、まだちょっと寂しい感じです。


入り口の上には、
『がんばろう 東北』の横断幕。

ずんだもちの看板も並んでいます。


なごみますねぇ。
印象的なキャラクターなので、
『北上京だんご本舗』さんのホームページを覗いてみると、
このキャラクターデザインは、やなせたかしさんによるもののようです。
さすがのインパクト。

さて、2階にはレストラン『あだたら亭』もありますが、
1階のスナックコーナーもメニューが豊富。
なかでも写真の『あだたらラーメン』がおすすめです。


あだたら亭の『あだたらラーメン 煮卵入り』680円です。
海苔がのっているのが、懐かしい感じ。

“伊達鶏を使ったスープが自慢”ということで、
あっさりだけど、コクもしっかりあって、量もちょうどいい加減です。
これ、旨い!

お、なんだコレ?

どうやら、『うまくて生姜ねぇ』という名の、
“食べる薬味”的なお土産らしいですね。

イラスト付きの手書きのポップ、
じっくり読ませていただきました。


ラーメン食べたら、売店を覗いてみようっと。

お、なんだコレ?

ものすごく長いです。
ちょうど、傘が吊り下げられている感じ。
そう、傘くらい長いのですが、これは『いちご麩』です。


もうちょっとアップで撮りたい。
でも、アップにすると全部入らない。
いちご味の麩菓子、ですよね? 

おいしいラーメンと長い麩菓子、
もし東北へ出かけるなら、ぜひ寄ってみてくださいね。

あ、『うまくて生姜ねぇ』をチェックするの忘れた。
福島の『吾妻食品』さんの人気商品だそうです!

ウェブサイト マガジン『地球・食堂』も覗いてみてくださいね。










PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

chikyu-shokudo

田舎モダンな話っこ

レトロ&田舎モダンな雑貨を売る、黒ネコのクラの物語。

きれいな錦糸卵・動画

ふんわりだし巻き卵・動画

フワフワかき玉汁・動画

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

昭和モダンの器たち (コロナ・ブックス)
昭和モダンの器たち (コロナ・ブックス) (JUGEMレビュー »)
佐藤 由紀子,クニエダ ヤスエ,泉 麻人
昭和のレトロな食器や雑貨を紹介しています。家にずっとあったものや、近所のリサイクル屋さんで発掘したものなど、身近で懐かしいモノを集めました。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:75 最後に更新した日:2012/07/09

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM