スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ねこのミミ・その2


またまた古い写真のスキャンです。
シナモン、通称ミミはこんな顏。メスねこです。


お寺さんの飼い猫に子供が産まれたと聞き、バスケットを持ってもらいにいきました。
写真は5歳か6歳かな? カメラをしっかり見ています。
私にとっては、とっても可愛い、思い出深いねこ。

このミミとはいくつかの忘れられないエピソードがあります。
これ本当に本当の話です。作り話ではありませんよ。

ある日、「たまにはお肉とかが食べたいね〜」なんて母とおしゃべりしていました。
今夜のおかずはお肉にしましょうとかいうことじゃなくて、
食べたいなぁ、食べたいねぇという願望の会話です。
でね、そばにはミミがいました。

やがて晩ご飯も済んだ頃、
どこかに出かけていたミミが、大きな袋を口にくわえて帰ってくるではありませんか。
歩くたびに、口もとの袋がユッサユッサと左右に大きく揺れています。
そして、私たちの前にポトンと袋を落としました。自慢気に。ドヤ顏で。
なんとそれは、あのすき焼きの老舗、『○○半の牛肉の佃煮』!

かわいいヤツです。
ねこって、絶対に人の言葉がわかると信じている所以です。

お隣にはお菓子屋さんの蔵があり、その家の台所に通じてました。
そして、ねこなら入れる小窓があった、とだけ記しておきましょう……。




ねこのミミ・その1

 
古い紙焼き写真をスキャンしてみました。
昔飼っていたねこのミミです。


ほんとは、『シナモン』という名前を私がつけました。
お腹の毛色がシナモン色だったのと、覚えたてのシナモンという言葉を使いたくて。
しかし、家族のみんなは「あ、そう、はいはい」と言いながら
このねこを「ミミ」と呼ぶのでした……。

ミミ、いや、シナモンはもう30年以上も前に、盛岡で暮らしていたねこ。
今でも、クラほうちゃんと一緒にオジャモジ市で遊んでいるといいな。






レトロなペアねこ

 
外はとっても寒いの。
でも、あったかいの。



昔、友達の家とか親戚の家に、よくありましたよね?
懐かしいペアねこです。
昭和に人気があった焼き物の動物って
なぜかブルーのアイシャドウが塗られていたものが多かったような。
豚の貯金箱とかにも?



静かでレトロな冬の窓辺。
手前は昭和のプレスガラス。いろいろな色がありました。



ねこの日向ぼっこ


まぶしいの。
でも、あったかいの。


昨年の11月、東京都内の神社で日向ぼっこ中のねこ。



 

1

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

chikyu-shokudo

田舎モダンな話っこ

レトロ&田舎モダンな雑貨を売る、黒ネコのクラの物語。

きれいな錦糸卵・動画

ふんわりだし巻き卵・動画

フワフワかき玉汁・動画

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

昭和モダンの器たち (コロナ・ブックス)
昭和モダンの器たち (コロナ・ブックス) (JUGEMレビュー »)
佐藤 由紀子,クニエダ ヤスエ,泉 麻人
昭和のレトロな食器や雑貨を紹介しています。家にずっとあったものや、近所のリサイクル屋さんで発掘したものなど、身近で懐かしいモノを集めました。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:75 最後に更新した日:2012/07/09

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM